【イ】イーハトーヴの夜は

大ファンというわけではないが、宮沢賢治の世界観に浸りたいと思うこともある。
人を知るに、風土を感じようと思うのは故人ならば尚更。
行ってみよう花巻。

1/1

​©︎ TOMITA Hiroyuki

TOMITA Hiroyuki

Ceramics Art